基本理念


病める人とともに、和と向上心を持って、

総合的かつ継続的な地域医療の実現をめざします。


【垂水中央病院の基本方針】
1) 垂水市の中核病院として病診連携を充実し、地域に必要な救急医療から
                          在宅医療まで24時間体制で提供いたします。

2) 垂水市の地域包括ケアの拠点として、保健・医療・介護・福祉を連携し、
                          住民が安心して住み続けられるまちづくりに貢献します。

3) 鹿児島のへき地医療を支援するとともに、感染症および災害発生時には
                          地域の拠点病院としての役割を果たします。

4) 患者の人権とプライバシーを尊重し、他職種が連携した患者中心のチーム医療に努めます。

5) 職員ならびに地域の医療従事者の教育に努め、医療の質を高めるとともに、
                          鹿児島の医療人育成に貢献します。

6) 病院を健全運営し、地域住民に安定した医療を継続的に提供できるように努力します。



【患者の皆様の権利】
1) だれでも一人の人間として尊重され、適切な医療を受ける権利があります。
2) 病状についての分かりやすい説明や診療記録の開示を求める権利があります。
3) セカンドオピニオンを含め、治療方針を自らの意思で選択する権利があります。
4) 個人情報やプライバシーを保護される権利があります。


【患者の皆様の責務】
1) 健康に関する情報と診療に対する希望を正確に医療担当者へ伝える責務があります。
2) 医療担当者と共同して治療に参加し、意欲を持って治療に取り組む責務があります。
3) 病院の規則や社会的ルール・マナーを守り、他の患者さんの診療に支障がないように
  配慮する責務があります。
4) 保険診療のルールを守り、診療にかかわる費用を適切に支払う責務があります。